しんきん若手経営者の会(SYMS)

しんきん若手経営者の会(SYMS)について

45才までの企業経営者あるいは後継者の研修、親睦、及び異業種交流の場として、会員自身による運営により活発な活動を続けております。46才に達した会員はSYMS同友会に移行し、より広い視野から地域発展のための活動を行っております。

しんきん若手経営者の会の概要

■名称

しんきん若手経営者の会

■略称

SYMS(シームス:ShinkinYoungManagementSeminar)

■設立

昭和51年3月1日

■会員数

正会員390名、同友会員560名(平成28年4月現在)

■支部数

24支部(飯田信用金庫各店ごとに設置)

■事業年度

毎年4月1日~翌年3月31日

■会員資格

飯田信用金庫に取引のある45歳以下の方で、法人企業の経営者またはその候補者。もしくは個人企業の事業主、またはその後継者。

  • 46歳以上はSYMS同友会員

発足の経緯

当金庫の故久保田良一会長が理事長当時の昭和51年、山本有三著戯曲「米百俵」を発想の原点として、「時代を背負う若者に勉強してもらい、時代に即応した経営方式で企業を伸ばすことこそ、地域発展の基本となる。」との考え方から、飯田下伊那地域の若手経営者に呼びかけて発足しました。

主な活動

■セミナー、講演会

  • 総会、記念講演会
  • 新会員セミナー
  • 経営セミナー
  • 経営実務セミナー
  • 経営者大会(SYMS同友会と合同)
  • その他、各支部で独自の研修会・勉強会を随時開催

■会員交流

  • 支部対抗ゴルフ大会
  • 支部対抗スポーツ大会

■広報

  • 会報発行年2回
  • ホームページ

SYMS宣言

■リニア時代を見据えて

我々SYMS会員は経営者としての資質を高め、企業と地域の発展を目指します。


1.能動的に学び、時代に求められる人財になろう。
1.正しい情報の収集に努め、変化する社会へ対応しよう。
1.会員相互の交流を深め、その縁(ゆかり)に感謝しよう。

米百俵とは

明治維新、新潟の長岡藩は官軍の攻めに、藩、住民生活共に窮乏。見兼ねた分家の三根山藩から「米百俵」が届く。藩の重鎮小林虎三郎は、この米を藩士で分けようとする考えに身を挺して反対し、「百俵の米を基にして子弟達の教育に使うのだ」と学校を建てた。藩は非常に教育が盛んとなり、後に山本五十六など日本の各方面で活躍する人材を生んだ。

ハロー!SYMS しんきん若手経営者の会 WEBサイトについて

WEBサイトはSYMS会員のみ閲覧が可能です(パスワードが必要です)。

ハロー!SYMS しんきん若手経営者の会 WEBサイト