金融円滑化への取り組み

地域金融円滑化のための基本方針

当金庫は、「地域社会の発展に貢献する」という経営基本理念のもと、地域の企業活動を支え住民の皆さまの生活向上に資するため、金融円滑化を図るための管理方針及び態勢を整備し、経営改善支援への取り組みなどを通じて地域金融の円滑化に取り組んでまいります。

金融円滑化に向けた取り組み方針

  • 中小企業や個人事業主のお客さま、また住宅資金をご利用いただいているお客さまの状況をお聞きし、きめ細かく把握するとともに、守秘義務に留意し、お客さまの同意を得たうえで、必要に応じて関係する金融機関等との連携を図りながら、新規のご融資やお借入条件の見直し・変更等のご相談、お申込みについて、 適切に対応し、お客さまの問題解決に努めてまいります。
  • お客さまからの新規のご融資、お借入条件の変更のお申込みについて、過去のお借入条件の変更等のお申し出に関わらず、お客さまからのご相談に応じ、適切な審査・対応を行ってまいります。
  • お客さまからの新規のご融資、お借入時条件の変更のお申込みの対応にあたっては、より速やかに回答いたします。お申込みを謝絶させていただく場合には、その理由を具体的かつ丁寧に説明いたします。
  • 経営改善計画書策定支援のご依頼をいただいた場合には、必要に応じて外部専門家・外部機関との連携を図りつつ、計画の策定に積極的に支援させていただきます。また、策定された経営改善計画書の実現に向けてお客さまと真摯に話し合い、計画の進捗状況を確認させていただき、経営相談・経営の助言等を行ってまいります。
  • 事業のためのご融資に関わる個人の保証については、平成25年12月5日に公表された「経営者保証に関するガイドライン」の趣旨や内容を十分に踏まえ、適切な対応を行うとともに、新規のご融資や、ご返済中のご融資についての保証見直しのご依頼に対しては誠実に対応し、保証が必要となる場合については、その理由を具体的かつ丁寧に説明いたします。
  • お客さまからの新規のご融資、ご返済中のご融資の条件変更等のお申込み、事業のためのご融資に関する保証契約の見直しのご依頼にかかる苦情・相談を受けた場合は、お客さまの声を真摯に受け止め、公正・迅速・丁寧に対応いたします。

平成26年6月
飯田信用金庫
理事長 森山 和幸

※なお、お客さまからのお借入れ条件の変更等に関する苦情・相談は、次の相談窓口をご利用ください。

飯田信用金庫 総務部コンプライアンス室

以上

金融円滑化実施状況の開示について

中小企業金融円滑化法は平成25年3月31日を持って期限が到来しておりますが、当金庫は引続き積極的に金融円滑化への対応を行っております。実施状況の開示につきましては、今後も半期毎に開示をしていく予定です。

データ:平成27年9月30日時点実施状況(42.1KB)