飯田信用金庫 投資信託専門サイト

金融機関コード:1394

お役立ち情報

定時定額買付サービス

飯田信用金庫定時定額買付サービスとは

「投資信託はリスクがあるから…」 「投資信託はまとまった資金ないと…」とお考えではありませんか?

「定時定額買付サービス」は、お客さまのご希望のファンドを、毎月1万円から一定金額で自動的にご購入いただけるサービスです。 毎月のご購入金額をお客さまのご資金の状況に合わせて見直しいただけますので、将来必要な資金を貯える長期の資産形成手段としてご利用ください。

飯田信用金庫定時定額買付サービスのポイント

1 自動振替で手間いらず。

お客さまにあらかじめご指定いただいた投資信託を、毎月自動的に購入できるため、「こまめに購入している時間が無い」「投資のタイミングが分からない」という方にもピッタリです。

2 毎月定額で無理なく投資。

月々1万円(投信インターネットサービスでは月々1千円)から購入金額を指定できますので、無理なく気軽に投資信託への投資を始められます。年6回まで購入金額を増額することも可能です。収入にあわせて購入金額を見直すことで、投資信託を活用した中長期にわたる資産形成を続けることができます。

3 平均購入単価低減に期待。

投資信託のように価格が変動する商品へ投資する場合、定期的に一定金額を購入する「ドル・コスト平均法」という投資手法が大変有効です。「ドル・コスト平均法」は、価格の水準にかかわらず一定金額を購入することで購入単価が平均化され、まとめて購入する場合に比べ価格変動による影響を抑える効果が期待できます。また、価格が高い時には買付口数を少なく、低い時には買付口数を多く購入することになるため、より効率的な投資が行えます。 投資信託『定時定額買付サービス』では、この方法を活用することができます。

ドル・コスト平均法の考え方

「ドル・コスト平均法」によって、基準価額が高いときは口数を少なく買付け、基準価額が低いときは口数を多く買付けることができたので、毎月「一定金額」購入したときのほうが、平均購入単価が安くなりました。

※「ドル・コスト平均法」は基準価額の下落リスクを低減するものではございません。

4 お客さまの投資目的にあった投資信託をお選びいただけます。

「定時定額買付サービス」は、対象となっている投資信託の中から、お客さまの投資目的やニーズにあった商品をお選びいただけます。

サービス名 投資信託「定時定額買付サービス」
概要 投資信託の購入金額を、毎月の振替指定日にお客さまの指定預金口座から自動振替で引き落し、投資信託を自動購入できるサービスです。
対象投資信託 当金庫取扱いの全ファンドが対象
購入金額 毎月1万円(投信インターネットサービスでは毎月1千円)以上(1,000円単位、上限なし)
年6回まで、購入金額を増減する月の指定ができます。
振替指定日 毎月1、5、10、15、20、25日のいずれかを指定できます。
指定日が休日の場合は翌営業日となります。
購入注文日 購入金額の引き落とし日の2営業日後。購入注文日が指定ファンドの注文停止日にあたる場合には、その日以降で、当該ファンドの注文が可能になる最初の営業日が購入注文日となります。約定日はご購入のファンドにより異なります。
手数料 本サービスのご利用には手数料はかかりません。ただし、投資信託のご購入に際しては下記の手数料等がかかります。詳しくはお尋ねください。
その他
  • ■新規申込は、初回振替日の7営業日前まで、変更および中止の申し出は、次回振替日の7営業日前までにお願いします。
  • ■お取引明細および残高については、後日送付させていただく取引残高報告書にてご確認ください。
ご利用いただける方 個人(個人事業者を含みます)のお客さまに限ります。
途中換金 原則として、いつでも換金のお申込みができます。
(ただし、購入・換金に制限のあるファンドの申込等の場合を除きます。)